議会改革への第1歩 (正・副議長選挙 所信表明会) - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

議会改革への第1歩 (正・副議長選挙 所信表明会)

規則、申合せにより議会構成が2年で変わることになっており、このほど正・副議長選挙はじめ常任委員会等の構成が変わりました。 今回から正・副議長選挙においては所信表明会が取り入れられました。 1人10分以内で所信を表明することができ、それに対して質疑(質疑者1人2分以内)することもできるというものです。
今回、どちらも1名(現職)の表明でしたが意義あることで議会改革への第1歩になったのではないかと思います。
ただ正・副議長の両方に重複して所信表明の申し出ができないことに私は反対でした。 後日の新聞報道で他市においては、議長選に敗れた人が副議長選で副議長になったということを知り、改める必要性を感じています。
ちなみに私は今後2年間、総務文教常任委員会に属し、議会運営委員会委員として議会運営に携わるすることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 月間:_
  • 本日:_
  • 昨日:_

ブログ管理