議員は認められても議員の集合体である議会は・・・ - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

議員は認められても議員の集合体である議会は・・・

過日、県下市議会議員研修会が会津若松市で開催され、「地方分権時代における自治体議会の果たすべき役割」と題した、早稲田大学大学院教授 北川正恭さん(元三重県知事http://www.office-kitagawa.jp/index.html)の講演がありました。

中央集権から地方分権の時代になった今日、東京一極集中に対応するには自治体が自立して行かないと将来に明かりが見えないとのことであります。 自治体にあっては自己決定、自己責任の時代であり、議決機関である議会も責任が問われるとのことであります。 あるアンケート調査では「議会はいらない」という8割を超える回答があったそうです。 議員は認められても議員の集合体である議会というものの存在が見えないということだと思います。
定数、報酬など量的改革だけでなく、議会全体を変えていくことが大切で最も取り組まなければならないことだそうです。
また、議会改革の取り組みとして議会基本条例の制定、通年議会の開催、次回事務局の充実などをあげておりました。
法や条例を原則に執行している行政に革命は起こせない、民意を反映させるのは議会である、という言葉に今後の議会改革、活性化にむけた取り組みに意欲が湧き有意義な研修会でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

最近のコメント

過去の記事

訪問者数

  • 月間:_
  • 本日:_
  • 昨日:_

ブログ管理