賛成出来なかった4つの案件 9月定例議会 - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

賛成出来なかった4つの案件 9月定例議会

9月定例議会は、決算認定がメインの議会であり、一般会計、特別会計、企業会計合わせて8つの会計の、平成31年度決算が全て認定されました。

私は今議会において、賛成出来なかった案件が4件ありました。
⑴議案;市営住宅明渡し等請求訴訟の提訴について
⑵陳情;東京電力福島第一原発事故により発生した汚染水の海洋放出に反対する陳情書
⑶陳情;東京電力福島第一原子力発電所事故で発生した放射能汚染水(アルプス処理水)の海洋放出に反対する陳情書
⑷発議;議員定数等に関する特別委員会の設置について

⑴については、明渡しの提訴に関しては良しとするが、訴訟遂行の方針に滞納家賃、損害賠償金の請求の放棄を行うことができる、とあるため。
⑵、⑶について委員長報告では不採択とのこと。風評被害が払拭されていない中、本市には浪江町から多くの人が避難された経緯もあり、採択すべきである。
⑷の議員発議については、議員自らに関わることを自分たちで論じても、市民の理解は得られない、と思われるため。

でした。判断にあたってどこに主眼をおくですが、少数意見に終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 月間:_
  • 本日:_
  • 昨日:_

ブログ管理