固定資産税の減免 納得できない - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

固定資産税の減免 納得できない

続報です。

市税条例の改正で固定資産税の減免規定が追加されましたが、それに係る取扱要綱が告示されました。

「旅館業法に規定するホテル及び200人以上の会議・式典・会食全ての場として提供できる集客施設としての家屋」が適用になるとのことです(別添)。

市内にホテルは1つですが、200人以上の集客施設はいくつかあります。会議・式典・会食全ての場として提供できる集客施設、この3要件のうち式典とはどのようなものを想定しているのか・・・?。ビール園や葬儀場でも3要件はクリアできると思いますがどうなんでしょう?

来年、本宮を訪れる外国人のために、市が考えているような接待等が出来るようにとの施策の一端なのか、特定事業所への支援なのか?。市民の皆さんは納得されるでしょうか。

聞いたところによると・・・、減免の対象となるだろう2施設の減免の額は、年間約270万円程(5年間で1,350万円)になるとのことです。

告示された要綱

コメント

  • 『固定資産税減免 納得できない』に賛同
    一部の民間企業が経営が苦しいからと減免条例を改正して安易に固定資産税を減免する・・・きちっと納税している本宮市民からしたら、とんでもない条例です。
    改正前の本宮市税条例で十分用を足していると思います。納税については公平公正であるべきであると思います。従って、市として支援しなければならない事情が発生した場合は、補助金支援策として予算化し提案、議会に諮り議決をもって執行すべきものでは、ないでしょうか。議会に諮ることにより、議論され足跡が議事録に記載され透明性が図れるのではないでしょうか。それでなくても行政の執行については、分かりにくいことばかりです。

    2019/10/14 3:02 PM | きちっと納税している年金生活者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:17951
  • 本日:6
  • 昨日:5
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:125256
  • 本日:20
  • 昨日:21

ブログ管理