修正予算案賛成少数で否決  市民理解が得られるか? - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

修正予算案賛成少数で否決  市民理解が得られるか?

平成26年度一般会計予算のうち次の3点について、同僚議員の賛同を得て、初めて修正案を提出いたしました。
①五百川駅に600万円かけて本宮市のPR看板を設置すること。
(修正理由)駅前整備を優先させるべき、600万円かけて効果があるのか疑問。減額修正とする。

②千代田橋を補修すること。
(修正理由)老朽化と狭隘で交差できず、早期架け替えの陳情が議会で採択されている。今回大規模な補修を行いば早期架け替えはむりになるので、減額修正とする。

③3,500万円をかけて阿武隈川河川敷にパークゴルフ場を整備すること。
(修正理由)全体整備計画と予算が明確でない。18ホールの公認コースならともかく、避難されている方々との交流の場とするなら恵向公園でも十分対応可能で減額修正とする。

財政健全化計画も道半ばです。予算は市民から付託された貴重な財源も使いみちを決めるものですが・・・ 残念ながら否決となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

最近のコメント

過去の記事

訪問者数

  • 月間:_
  • 本日:_
  • 昨日:_

ブログ管理