「定住人口増加に向けての取り組み」を行政視察 - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

「定住人口増加に向けての取り組み」を行政視察

本宮市の人口は、平成23年3月1日の31,507人から、平成25年9月1日現在30,688人と819人減少しています。 内訳は15歳未満の年少人口が395人、15~64歳の生産人口が708人減少しており、65歳以上の老年人口は284人増加しております。 少子高齢化が顕著に表れており早急な対策が求められております。
このため、総務文教常任委員会ではこのほど、兵庫県加西市の「定住促進事業」と滋賀県高島市の「若者の定住促進の取り組み」を研修してきました。
両市とも人口の減少がみられ、それぞれ補助制度等を実施し、増加対策に取り組んでおります。
加西市;住宅建築等のために土地を売却した型への補助制度、新婚世帯の家賃補助制度など
高島市若者定住促進条例(住宅確保支援、就労・起業支援、子育て環境の向上、定住促進施策)など
本宮市においても参考となる制度があり、今後実施にむけた提言をして行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

最近のコメント

過去の記事

訪問者数

  • 月間:_
  • 本日:_
  • 昨日:_

ブログ管理