環境 アーカイブ - 福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

環境

国、県は自治体まかせ!

カテゴリー:環境 |公開日:2011/08/20

市では、市民の不安解消を図るため、放射線量マップの作成や除染対策として公園等の表土除去を実施していますが、高い数値を示している側溝や通学路の除染には汚泥等の処分が問題となっております。 国、県は市任せでなんら対応を取ろうとしていないのが現状です。 少しでも早く除染作業を進めるには市の所有する土地を仮置き場とするしかないとのことです。 「校庭の表土の仮置きと同…

続きはこちら

放射線量から市民を守る取り組み

カテゴリー:環境 |公開日:2011/08/10

市民の放射線量への関心は高く、不安解消は最も重要な課題となっていることから、市では次のことを行うこととしました。 個人線量計の貸出し 9月より、バッジ式線量計(ガラスバッジ)を15歳未満(中学生以下の子ども)及び妊婦、約5,040人に5ヶ月間貸出します。 電子式線量計の貸出し  9月より、電子式線量計を500台整備し、高校生、妊娠の可能性のある女性及び希望す…

続きはこちら

独自で積極的な施策を期待

カテゴリー:環境 |公開日:2011/07/27

いわき市が、子どもの被ばく限度基準値を毎時0.3マイクロシーベルトに設定し、子どもの安全を守る施策を展開するとの報道がありました。 内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘東大教授が7月20日、小中学校などの被ばく線量の基準は年間5ミリシーベルト(毎時0.6マイクロシーベルト)を目安にするべきだとする案を発表したがこれを上わまる内容で期待されます。 本宮市にお…

続きはこちら

ごみ処理の課題

カテゴリー:環境 |公開日:2011/07/22

安達地方に建設が進められている仮設住宅は、2932戸となる予定です。 これらの住宅から出されるごみの処理については、富岡町、浪江町と協定が結ばれ、両町が処理センターに分別搬入することになり、費用については応分の負担をしていただくことになります。 また、処理能力を超える状況になれば県と広域的対応で処理することで協議済みです。 焼却灰やし尿汚泥からつくっているか…

続きはこちら

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:17951
  • 本日:6
  • 昨日:5
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:125256
  • 本日:20
  • 昨日:21

ブログ管理