福島県本宮市議会議員|渡辺ひでお(秀雄)のブログ

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら 

2011年は忘れられない

カテゴリー:その他 |公開日:2011/12/31

2011年がこれほどたいへんな年になろうとは・・・・。 震災より原子力災害が問題なんです。 一日でも早く以前の暮らしを取り戻すべく、国、県、市は取り組んで行かなくてはならないのですが、思うように進まず苛立ちを感じて止みません。 加えて農産物の安全性の確保についても、放射性物質の基準値が見直され(500から100ベクレルに)、今後の作付等についても不安が残って…

続きはこちら

付帯決議の尊重を

カテゴリー:議会 |公開日:2011/12/25

市民憲章・市民の歌制定事業の予算については、「十分時間をかけ、市民のコンセンサスを得ながら進めること」との付帯決議が、議会全会一致で可決されたのにもかかわらず、21日の議会全員協議会において、「市民の心を一つにする市民憲章・市民の歌の制定」は、震災・原子力災害復興計画(第1版)に必要との説明。 今回の震災及び原子力災害を乗り越え、早期に復興するには、すべての…

続きはこちら

台風による損害の賠償を専決で?

カテゴリー:その他 |公開日:2011/12/18

9月21日の台風15号により市内の事業所に被害あり、市に賠償の問題が出ております。  この被害は、安達太良川の水門が完全に閉められていなかったことより、浸水したことによるものだそうです。  水門の管理は、水門管理者である県が市に、市は個人に委託しておりました。 先日の市の説明では、異常時の管理について委託契約上どのように定められているのか明確にされませんでし…

続きはこちら

補正予算、付帯決議を付して

カテゴリー:その他 |公開日:2011/12/14

今回の一般会計補正予算の総務費・総務管理費・諸費(市民憲章・市民の歌制定事業、東日本大震災復興事業)については、総務文教常任委員会おいて付帯決議が付されました。 内容は概ね次のとおりです。 ①事業の目的等を議会に明確にすること  ②事業の名称については誤解を生じないよう配慮すること  ③ 市民憲章・市民の歌制定には十分時間をかけて取り組むこと  ④事業は実行…

続きはこちら

ある市民の声

カテゴリー:その他 |公開日:2011/12/11

ある方から次のようなメールをいただきました。 差出人: 本宮市民 題名: 復興祭について 本文: 今回のブログを見てがっかりしました。 何故、まだ様々な問題が解決していないのにお金をかけて復興祭や市民の歌を作らなければいけないのか疑問です。 500万円をかけてこれらのイベントをやる事により、利益を得る業者や議員さんがいるということでしょうか?今はもっと税金を…

続きはこちら

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール 
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在4期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から2019年7月まで市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:17403
  • 本日:5
  • 昨日:11
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:122032
  • 本日:10
  • 昨日:60

ブログ管理