放射線量から市民を守る取り組み

ほんとうに住み良いもとみやの実現をめざし市民の声を市政に届けます

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら

放射線量から市民を守る取り組み

市民の放射線量への関心は高く、不安解消は最も重要な課題となっていることから、市では次のことを行うこととしました。

個人線量計の貸出し
9月より、バッジ式線量計(ガラスバッジ)を15歳未満(中学生以下の子ども)及び妊婦、約5,040人に5ヶ月間貸出します。
電子式線量計の貸出し
 9月より、電子式線量計を500台整備し、高校生、妊娠の可能性のある女性及び希望する方に、2週間から1か月の間貸出します。
さらに、定点観測及び町内会貸出用としてサーベイメーター(シンチレーション式2台、同小型46台)を整備します。これらに要する費用は61,821,000円ほどになりますが、全額県の補助金によるものです。

公園等表土除去の実施
校庭、園庭の表土除去については、線量の低減が確認されており、市内85か所の公園等の表土についても除去することになりました。 芝についても剥がす方向で検討されており、合計面積が199,054㎡で経費が173,752千円となるとのことであります。

線量低減化活動支援事業
県の補助事業で、町内会、PTA,ボランティア等が側溝の清掃や草刈りを行う場合、1事業実施主体あたり50万円を限度として補助金を交付するものです。 この事業は、側溝等の土砂等の処分場所に課題もあり、また放射線量に関わることなので、市はしっかりとした指導体制で取組んで欲しいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在3期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:14310
  • 本日:2
  • 昨日:6
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:101854
  • 本日:12
  • 昨日:9
本宮市公式サイト
本宮市議会議員ページ

ブログ管理