定数4減でも無投票(大玉村議選)

ほんとうに住み良いもとみやの実現をめざし市民の声を市政に届けます

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら

定数4減でも無投票(大玉村議選)

隣の大玉村の村議選が昨日告示され、 同級生の2人が5期目の当選を果たしたのでお祝いに行ってきました。
今回定数を16から12に4減じての選挙戦でしたが、新人1人が立候補しての無投票でした。 4減じても無投票の背景にはなにがあるのでしょう?

本宮市では定数はそのままで選挙を行いました。 定数削減を公約に掲げた人もおりましたが、適正な定数はどうなんでしょう? 4減だ、6減だといろいろ意見があります。 県内で一番小さい市の適正な議員定数、ここ1年以内には結論を出さなくてはと思っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在3期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:14753
  • 本日:18
  • 昨日:19
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:104234
  • 本日:47
  • 昨日:38
本宮市公式サイト
本宮市議会議員ページ

ブログ管理