S議員、長い間ご苦労さまでした。

ほんとうに住み良いもとみやの実現をめざし市民の声を市政に届けます

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら

S議員、長い間ご苦労さまでした。

S議員が31日で任期満了となり、40年間の議員生活に別れを告げます。 私が40年間勤めた職場を辞めたときとは違った感傷にひたっていることと思います。 長い間住民本位の目線で行政にもの申して来られたことに敬意を表したいと思います。 S議員の議会報告、ブログは(http://blog.goo.ne.jp/ks-motomiya/arcv)はたいへん勉強になりました。 まだまだ続けて欲しいと多くの市民が願っていたはずですが・・・これからは自分の生活を第一に楽しい人生でありますように<m(__)m> 私も大先輩に続けるよう頑張っていきたいと思います。 

8月から2期目に入ります。 議会の中では1期と2期では趣きが違うようで、議会構成についてもいろいろ話題が聞かれるようになってきています。 過去の慣習に囚われることのないような、市民理解の得られるような姿になるよう願っています。

コメント

  • 初めてコメント致します。震災から約4カ月経ちますが本宮市の線量はいまだ高く横ばいです。汚染マップを見ても高濃度の帯の中に含まれている事が分かります。線量計の貸出やマップの作成など市役所の方々も一生懸命対応してくれています。
     しかしこれからは計測と共に具体的に除染していく事が何よりも大事だと思います。ぜひ、一日でも早く除染を実施するようお願い致します。国は9月以降に避難区域から始めるらしいですがそれを待っていては遅いです。国や県の指示を待つことなく市で始めて下さい。これから大切な事は内部被ばくをしない事です。本宮の稲わらからは69万ベクレル/キロの放射性物質が検出されています。それが本宮の大地に降り注いだという事です。そのチリは風に乗り呼吸から体内に入ります。大人も子供もです。毎日毎日何故本宮に住んでいるだけで被曝しなければならないのでしょうか?放射性物質を含む土やチリ、草木を取り除き洗い流してください。広島国際大学院の佐々木謙教授やテネモス国際環境研究所など放射能除去を行っている所は沢山あります。本来なら東電の社員が除染活動に来るべきなのに謝るだけで何もしません。
     市長さんと市議会議員さんで市民を守って下さい。線量計購入の補助金や町内会に高圧洗浄機を配布するとか市民全員で署名活動して国会に持っていくとか今やれる事をすべてやらないと将来健康を害する人が本宮から沢山出ると思います。児玉龍彦先生の厚生労働委員会での発言やチェルノブイリの子供達の今を見てください。本当にお願い致します。頑張って下さい。宜しくお願い致します。

    2011/08/02 9:44 PM | 本宮市民

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在3期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:14753
  • 本日:18
  • 昨日:19
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:104234
  • 本日:47
  • 昨日:38
本宮市公式サイト
本宮市議会議員ページ

ブログ管理