台風による損害の賠償を専決で?

ほんとうに住み良いもとみやの実現をめざし市民の声を市政に届けます

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら

台風による損害の賠償を専決で?

9月21日の台風15号により市内の事業所に被害あり、市に賠償の問題が出ております。  この被害は、安達太良川の水門が完全に閉められていなかったことより、浸水したことによるものだそうです。  水門の管理は、水門管理者である県が市に、市は個人に委託しておりました。 先日の市の説明では、異常時の管理について委託契約上どのように定められているのか明確にされませんでした。  また請求額も示さず、和解の専決処分を了解してくださいとの協議は考えられない話です。  再度協議することになりましたが、本来専決処分はあり得ないことで、過失責任と損害賠償額をはっきり説明し、公の場で論ずるべきと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在3期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:16472
  • 本日:12
  • 昨日:13
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:115115
  • 本日:29
  • 昨日:41
本宮市公式サイト
本宮市議会議員ページ

ブログ管理