年度後半へ 身近な要望の予算は

ほんとうに住み良いもとみやの実現をめざし市民の声を市政に届けます

お問合せ・ご意見・ご感想はこちら

年度後半へ 身近な要望の予算は

9月の補正予算は理解出来ないものでしたが、市民の身近な要望よりも、最優先に本宮駅の東西自由通路と西口広場整備を推進しようとしていることが明白になりました。
整備計画検討委員会の提言を基に事業を進めようとしていることは問題で、事業の効果等をしっかり検証して、市民の理解の得られる内容としていかなければならないと思います。

議会においても、改選前に引き続き「本宮駅周辺整備検討特別委員会」を設置して、市の事業の進捗状況を注視しながら、事業計画、財源等について調査・研究していくことになりました。

27年9月議会報告

 

 

コメント

  • 本宮駅の東西自由通路と西口広場整備を推進に反対します。
    最優先すべき事案が他にたくさんあると思います。
    大震災そして、原発事故から4年目、復興が終わってません。放射能除染作業も道半ばです。普段の生活で不便を強いられている市民の要望を最優先で解消して上げることが行政の仕事ではないでしょうか。
    東西自由通路と西口広場整備事業について東側の商店街の人たちの考えは・・・
    アンケート調査から東西自由通路が整備されたら、現在駅を利用している人たちの6割は、西口を利用したいとのこと。駅を利用する増客は考えられません。
    少子高齢化に入っています。人口が増えていかないと衰退の一途をたどるだけ
    今、やるべきことの一つとして子供の育てやすい環境づくり、子供は、国の宝なりではないでしょうか、2020年には、自動運転自動車が各メーカーより発売されることが報道されています。交通手段の自動車が増々便利になると思います。
    東西自由通路と西口広場整備事業費用は約25億円係り大半は市が負担とのこと。
    作ってから活用を考えるのではなく、作る前に住民投票等により、賛成か否か市民の考えを問うべきかと思います。

    2015/10/26 11:15 AM | 本宮市の一市民

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

渡辺秀雄
渡辺秀雄
プロフィール
  • 1947年5月大玉村に生まれる。
  • 1967年4月から大玉村奉職。住民、企画財政、産業、税務課の課長及び教育次長を務め、2005年4月から大玉村社会福祉協議会事務局長、2006年4月からは特別養護老人ホームぼたん荘副施設長を務める。
  • 2007年8月から本宮市議会議員(現在3期目)。
  • 2011年8月から2015年7月まで本宮市監査委員。
  • これまで議会議員定数等問題調査特別委員会副委員長、議会活性化検討特別委員会副委員長を務める。
  • 2015年8月から市議会副議長。

過去の記事

訪問者数

  • 全体:13958
  • 本日:7
  • 昨日:4
  • 現在の訪問者数:0

PV数

  • 全体:99582
  • 本日:12
  • 昨日:9
本宮市公式サイト
本宮市議会議員ページ

ブログ管理